世界で最も古い先住民のライトアップイベント「パートジマ」

アリススプリングスで開催されるパートジマ(Parrtjima)として知られる「フェスティバル・イン・ライト」は、アウトバックの夜空を光で彩る芸術の祭典で、世界で最も古い先住民のライトアップイベントです。オーストラリアで最大規模のインスタレーション“パートジマ”は、2.5キロメートル以上もの巨大なマクドネル山脈をライトアップします。最古から受け継がれる地球の文化が最新のテクノロジーとコラボする祭典で、30億年にわたり形成されたランドスケープを大自然のキャンバスとして使っています。是非この期間にアリススプリングスに訪れて光のイベントを体験してみてはいかがでしょうか?
開催期間: 2019年9月22日~10月1日

詳細はこちら

ブリスベン新名所「ハワード・スミス・ワーブス」

ブリスベンリバーを跨ぐ街のアイコン「ストーリーブリッジ」の左岸側のたもとを中心にリバーフロントに500m以上に渡って建設中のライフスタイル&エンターテーメントコンプレックス「ハワード・スミス・ワーブス」が部分的にオープンを果たしました。エリア始動の第一ステージとして営業を開始したのはビール醸造所バー&レストラン「フェロンズ・ブリューイング・コー」、「フィッシュ&チッペリー」、カリスマ著名料理人ダミアン・スタイルズが指揮するダイニング&バー「ミスター・パーシヴァルズ」、他ブライダルやグループカンファレンスサービスの受注も行っています。2019年にはホテル施設、専用フェリー乗り場の完成が予定されており、随時ショップ&レストランのテナントも増やしていくとのことで、今後の展開が楽しみなエリアです。

詳細はこちら

スピリッツ・オブ・レッドサンドのショーはBBQディナーが美味!

ブリスベンゴールドコースト界隈で今一番熱いディナー&ライブショーといえば「スピリッツ・オブ・ザ・レッドサンド」19世紀を舞台にアボリジニの家族を巡って実際に起こった物語を基に作られた歴史群像劇は笑いあり、涙あり、歌あり、ダンスあり、学習要素ありの何拍子も揃ったナイトエンターテーメント。この2時間半のプログラムの評価を高くしているもうひとつの理由は実は絶品炭火焼きバーベキューディナーとデザートブッフェがセットになったお夕食。オーストラリア式アウトドアパン「ダンパー」から始まり、フィンガーライムやマカダミアナッツを使ったブッシュタッカー式デュッカディップやカンガルー、ワニ、イミュ―の炭火グリルは出来立てがサーブされるなど、いずれもオージーカルチャーを体感出来るメニューとなっていて嬉しい。ブリスベンからもゴールドコーストからも30分、国道一号線沿いの簡単アクセス、週7日毎日催行しているので、夜の食事と予定に迷ったら行ってみよう!

SPIRITS OF THE RED SAND
Beenleigh Historical Village at 205 Main Street
Beenleigh

ANAがパースへ直行便新規就航を発表!

ANAは、今年9月1日(日)より成田-パース線の直行便を毎日運航することを発表しました。これにより、日本とオーストラリア間を結ぶフライトは他航空会社を含め 11 本目の直行便となり、今まで乗り継ぎが必要だった西オーストラリア州の州都パース も近くなりました。
パースはインド洋に面しており、一年を通して温暖な気候と晴天率の高さで知られています。自然豊かな郊外には、“世界一幸せな動物”といわれてい るクオッカが生息するロットネスト島 や、神秘的な奇岩群が荒野に並ぶピナクルズ を始め、野生のジンベイザメやイルカに触れ合える世界遺産のニンガル―リーフ やシャークベイ、プレミアムワインの産地マーガレットリバー 、更に、春の訪れと共に咲き乱れる 12,000 種の ワイルドフラワー など見所が豊富な観光地です。

詳細はこちら

アクティビティと一緒に本格派ネイティブ料理を!フレイム・ツリーバー&グリル

ケアンズ市内から車で北へ15分、地域で一番有名なアボリジニカルチャー体験施設のひとつ「ジャプカイ・アボリジナル・パーク」内にあるレストラン「フレイム・ツリー・バー&グリル」ではデイアクティビティやショーとセットになったバッフェランチやディナーの会場となっており、アボリジニの伝統料理を中心とした料理のラインアップはいつも好評。特に「バインガ」と呼ばれる祭事用の地中式オーブンを使って好みの食材を調理してくれるサービスは珍しく人気がある。園内のプログラムに参加しなくても、日中のカフェ営業時間に訪れて、本格的なブッシュタッカーメニューを味わう事が出来るのも嬉しい。ブッシュタッカー食材を一通り味わえるテイスティングメニューなどやカンガルーやイミュ―などのハンバーガープレートなどで気軽に先住民族の「食」に触れる事が出来る。

FLAME TREE BAR & GRILL by Tjapukai
4 Skyrail Drive, Smithfield

「オーカー」先住民料理研究の先駆者スクワイヤー氏によるザ・オーストラリアグルメ!

言わずと知れたケアンズでは老舗のオーストラリア料理の有名店「オーカー」は、先住民族アボリジニの伝統や食材に造詣が深いエグゼクティブシェフのクレイグ・スクワイヤー氏が取り仕切るレストラン。華々しい受賞歴が物語る通り「オーカー」での食事はオーストラリアらしいユニークな食材を試せることにとどまらず、訪れる客の味覚に文明開化をもたらす驚きのアレンジと味わいで料理を提供。例えば、ペッパリーフと塩で味付けしたワラビーの腰肉のローストやワニとイミュ―の合挽ワンタン添えは食感の面白さや味付けの妙で病みつきの美味しさと定評のあるメイン料理、それにさっぱりとしたカンドンの実のブリュレやワトルシードが入ったパヴァロバなど「ザ・オージー・デザート」とコラボすれば、きっと忘れられない食体験となること間違いなし。

OCHRE RESTAURANT
1 Marlin Parade, Cairns City

熱帯雨林と古城の妙、パロネラパーク、ツーリズムアワードで3冠受賞!

ケアンズ中心部から南へ約100km車で一時間半の瑞々しい緑に囲まれた遺跡のような古城「パロネラパーク」は入植したスペイン人の若者ホセが自らの手でひとつひとつ手作りした夢の城。現在は観光地としてのみならず、夢を持つ人にとっての祈願スポットとしても話題を集めている。そのパロネラパークが11月16日に行われた「2018年クイーンズランド観光賞」にて旅行者投票部門、 文化観光部門、「観光発展に貢献した人物」部門の3カテゴリーにおいて金賞を受賞、文化ツーリストアトラクション部門においても銅賞を受賞するなど、州内の観光業としては最大の栄誉に預かった。授賞式に参加したパロネラパークオーナーのマーク&ジュディ・エバンス夫妻は今後も沢山の来場者に「夢」や「情熱」を感じてもらえる場所としてパロネラの歴史を紡ぎ続けてゆきたいと語っている。

スカイレールに新「レインフォレスト・ディスカバリー・ゾーン」

1億3000万年の太古の熱帯雨林とその景色を満喫できるケアンズで人気のロープウェイ「スカイレール」。そのキュランダまでの途中駅のひとつレッドピーク駅に新しい学習エリア「レインフォレスト・ディスカバリー・ゾーン」が完成。電光掲示されたカラフルなパネルディスプレイが森の歴史や生息する動植物についてわかりやすく解説。訪れる人により深い理解を広めたいとして、スカイレールではこのパネルディスプレイに加え、観光アプリの配信を近日開始する予定。日本語、中国語ほか様々な言語で使える本アプリは、GPS付きのオーディオガイド機能や各スカイレールルート内のスポットの詳しい説明、ARで映し出される本物さながらの動植物図鑑を確認したりと、その場その場で湧き上がる興味、関心に応えてくれる仕組みになっている。スカイレールではさらに2019年初旬の完成を目指して名瀑バロン滝のパノラマ展望ブリッジ「エッジ」を建設中。
ウェブサイトへ

ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー2019

一ヶ月間にわたり上演される野外オペラ、ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバーの2019年の演目はミュージカルの傑作、「ウエスト・サイド物語」です。その舞台デザインが発表されました。シドニー湾に突き出た特設ステージに大都市ニューヨークが壮大なスケールで再現されます。物語の世界観を視覚化する斬新な舞台デザインとともに、オペラ・オーストラリアが創り出す「ウエスト・サイド物語」に期待が高まります。
開催期間: 2019年3月22日~4月21日

詳細はこちら

ブルームで海面散歩の体験を

西オーストラリア北部のブルームで、神秘の自然現状「月への階段」とあわせてぜひ体験をしたいのでが、遠浅のビーチの海面がまるで鏡のように映るケーブルビーチのキャメルライド。
第二のウユニ塩湖とも言われるこの鏡の海ケーブルビーチで体験するキャメルライドは、夕日が沈む頃のサンセットライドがおすすめです。
遠浅のビーチにラクダの背に乗った自分の影が映り、暮れゆく夕陽をみながら。のんびりと海面散歩が楽しめます。

日本語サイトはこちら
英語予約サイト①はこちら
英語予約サイト②はこちら