スカイレールに新「レインフォレスト・ディスカバリー・ゾーン」

1億3000万年の太古の熱帯雨林とその景色を満喫できるケアンズで人気のロープウェイ「スカイレール」。そのキュランダまでの途中駅のひとつレッドピーク駅に新しい学習エリア「レインフォレスト・ディスカバリー・ゾーン」が完成。電光掲示されたカラフルなパネルディスプレイが森の歴史や生息する動植物についてわかりやすく解説。訪れる人により深い理解を広めたいとして、スカイレールではこのパネルディスプレイに加え、観光アプリの配信を近日開始する予定。日本語、中国語ほか様々な言語で使える本アプリは、GPS付きのオーディオガイド機能や各スカイレールルート内のスポットの詳しい説明、ARで映し出される本物さながらの動植物図鑑を確認したりと、その場その場で湧き上がる興味、関心に応えてくれる仕組みになっている。スカイレールではさらに2019年初旬の完成を目指して名瀑バロン滝のパノラマ展望ブリッジ「エッジ」を建設中。
ウェブサイトへ