熱帯雨林と古城の妙、パロネラパーク、ツーリズムアワードで3冠受賞!

ケアンズ中心部から南へ約100km車で一時間半の瑞々しい緑に囲まれた遺跡のような古城「パロネラパーク」は入植したスペイン人の若者ホセが自らの手でひとつひとつ手作りした夢の城。現在は観光地としてのみならず、夢を持つ人にとっての祈願スポットとしても話題を集めている。そのパロネラパークが11月16日に行われた「2018年クイーンズランド観光賞」にて旅行者投票部門、 文化観光部門、「観光発展に貢献した人物」部門の3カテゴリーにおいて金賞を受賞、文化ツーリストアトラクション部門においても銅賞を受賞するなど、州内の観光業としては最大の栄誉に預かった。授賞式に参加したパロネラパークオーナーのマーク&ジュディ・エバンス夫妻は今後も沢山の来場者に「夢」や「情熱」を感じてもらえる場所としてパロネラの歴史を紡ぎ続けてゆきたいと語っている。