オーストラリア ケアンズ / 「ラグーンプール」メンテナンス情報(7~8月)

ケアンズシティ中心部にある旅行者の憩いの場、「エスプラネード・ラグーンプール」が、整備点検のため下記の期間閉鎖となります。

 閉鎖期間中にプール底、ポンプ、デッキ、照明などの整備を行います。

■ 閉鎖期間: 2018年7月16日(月)~8月05日(日)

8月06日(月) 午前06:00に再オープンいたします。

 上記期間中にご利用予定の方はご注意ください。

なお、マディーズ・プレイグランドなど他の無料施設やトゥブロク・メモリアルプールなどは通常通りオープンしております。

  ※ラグーンメンテナンス情報http://www.cairns.qld.gov.au/esplanade/facilities/lagoon (英語)

(引用:トラベルビジョンより)

メルボルン:シャトーイヤリングでセレブ気分に

@オーストラリア政府観光局

メルボルンから車で約1時間、オーストラリアを代表するワインカウントリー「ヤラバレー」にあるシャトーイヤリングは1854年に建てられたビクトリアンスタイル調のラグジュアリー・ホテル。250エーカーの広大な敷地に、内装が異なるスイートが全32室という贅沢さ。最高級の料理を提供するレストラン「エレノアズ」もあり、グルメも大満足のホテル。ホテル近辺にはたくさんのワイナリーが点在し、限られた時間でたくさんのワイナリー巡りをしたい方にとって絶好のホテルです。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

メルボルンスター・オブザベーション・ウィール(観覧車)から絶景を楽しむ

@オーストラリア政府観光局

「メルボルンスター・オブザベーション・ウィール」は、メルボルンの開発地区、ドックランドにある大型観覧車。最高地点の地上120メートルから眺める360℃のパノラマは大変印象的。ドックランドのヨットハーバーやメルボルンの街並みはもちろん、頂上付近からは遠くの山並みも一望できる。子供から大人まで楽しめる観覧車で、メルボルンの美しい夜景を眺めるのも、旅の素敵な思い出になるはずです。また、メルボルン・スターのある場所は、アウトレット・ショッピングとグルメが楽しめるショッピング街になっているので、早めに行って、買いものやレストランで食事をしてから、観覧車というコースも楽しめます。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

西オーストラリア:QFワイルドフラワー・キャンペーン

@オーストラリア政府観光局

恒例のカンタス航空ワイルドフラワー・キャンペーンが始まりました。
西オーストラリア州では7月から12月にかけてワイルドフラワーのシーズンを迎えます。パースのキングズパークでは9月にワイルドフラワーフェスティバルが開催されます。
カンタス航空では7つのワイルドフラワー街道と各地で見られる花の種類と見頃を図鑑で紹介しています。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

ゴールドコースト:パドックのインスタ映えシェイク!

@オーストラリア政府観光局

カリスマ的なセンスでゴールドコーストの朝食とティータイムに魔法をかけたカフェ「Paddock Bakery」に今度はミルクシェイク専門カウンター「ミルクバー」が登場しました。今や定番となった半熟卵を添えたカンパーニュサンドやクリームドーナッツなどともにギルティープレジャーな誘惑を仕掛け続けるパドックの次なる一手はココポップを帽子のように乗せたチョコセーキを筆頭とする甘くて冷たいインスタ映え必至のミルクシェイク達、ぜひ自分に甘美なご褒美をあげたい時にお立ち寄りください。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

ポートスティーブンス:オークベール・ワイルドライフ・パーク

@オーストラリア政府観光局

オークベール・ワイルドライフ・パークは、シドニーから北に車で約2時間半のポート・スティーブンスにあります。25エイカーの広大なブッシュランドの中にあり、パーク内にはコアラ、カンガルー、タスマニアン・デビル、羊、ワニ、ワオキツネザルなど、オーストラリア固有の動物や家畜、エキゾチックな動物など、多くの動物達が放し飼いで飼育されています。ウォーター・アクティビティーが楽しめるスプラッシュ・ベイも仲間入りし、一日中楽しめるアトラクションとなっています。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

クイーンズランド州に注目の新ホテルが続々登場!

@オーストラリア政府観光局

ゴールドコーストやグレート・バリア・リーフといった美しい自然を保有するクイーンズランド州では、いま続々と新しいホテルがオープンしています。
ゴールドコーストでは、今年3月に、「ザ・ダーリン (The Daring)」と名付けられた17階建てオールスイートタイプのホテルがオープンしました。
また、同じく3月、ブリスベンのおしゃれエリアとして知られるフォーティテュード・バレーに970室の大型アパートメントタイプのホテル「FVバイ・ペッパーズ (FV by Peppers)」が誕生しました。
そして、ケアンズにはラグジュアリーなホテル、「クリスタルブルックコレクション (Crystal Brook Collection)」が上陸し、段階的に3つのホテルがオープンします。まず、今年9月には、エスプラネードに12階建てのタワーホテル「ライリー」、2019年中頃には、アボットストリートに「ベイリー」がオープンし、2020年にはエスプラネードに「フリン」が開業の予定です。

(引用:オーストラリア政府観光局より)

ニューサウスウエールズ州:ジャービス・ベイで自然を満喫

@オーストラリア政府観光局

ジャービス・ベイはシドニーから南へ車で2時間半。海洋公園として登録され、100頭ものイルカが生息しています。世界で一番白い砂浜としてギネスに登録されたこともあるハイアムス・ビーチ。クジラ、ドルフィンウォッチングクルーズ、動物園、ファーム体験が出来るモウブレイ・パーク、カヤックやワイナリーなど、この地域だけで様々な体験が出来ます。また、シドニーからジャービス・ベイにドライブする道も海岸線が美しく息を呑むような美しい景色が広がっています。内陸にちょっと入ると美しい丘陵地帯も広がっています。一度訪れて欲しいお勧めの地域です。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

人気クラフトビールバー&レストランがケアンズのワーフにオープン間近!

@クイーンズランド州政府観光局
ポートダグラス・マリーナで人気沸騰中のクラフトビール醸造所兼レストラン「ヘミングウェイ・ブリューエリー」がケアンズの中心部に2号店となる「ヘミングウェイ・ブリューワリー・ケアンズ」を通称”ワーフ”と呼ばれるケアンズ・クルーズターミナルのお洒落な一角に建設中。総面積1400平米を超えるスケールの大きな場内には1000名のゲストを収容できるレストラン&バースペースとオンサイトでクラフトビールをつくる醸造システムが配備される。大型のパーティは勿論、プライベートでふらりと立ち寄り、ブリュー仕立ての美味しいビールを夕景のトリニティインレットの眺めとともに仲間と楽しむのにもピッタリな場所になりそうだ。
(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

街中が美しくライトアップされるビビッド・シドニー開催中!

@オーストラリア政府観光局

シドニーの街中が輝き活気づく、ライト、ミュージック、アイデアの3つを柱にした祭典が今年もまもなく始まります。230万人を超える来場者数があり、今回で10年目を迎える世界的にも有名となったビビッド・シドニーは、6月16日(土)まで開催されました。シドニー・オペラハウスを皮切りにダーリング・ハーバー、ロックス、タロンガ動物園をはじめ、今年新たに加わったルナ・パークなど、至る所で空間全体が一つのアートとなった光の彫刻やインスタレーションを眺められます。また、シドニー湾を航行するフェリーやクルーズ船から光輝くシドニーの街の景観を堪能するのも味わい深いです。
ビビッド・シドニーの詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)