ハートの珊瑚礁:ウィットサンデー「フライ&ラフトツアー」!

@オーストラリア政府観光局

ハネムーナーやカップルに人気のグレートバリアリーフ中央部ウィットサンデーにて様々なリーフツアーを提供しているオペレーター「オーシャンラフティング・ウィットサンデー」からハートリーフとホワイトヘイブンビーチを一度に周れる!60分の遊覧飛行とスノーケリングを組み合わせた贅沢ツアー「フライ&ラフト」が開始されました!
平均所要時間8時間の終日ツアーで希望者は遊覧飛行のみの参加も可能です。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

ノビービーチでヘルシーグルメといえば、ここ!体が喜ぶ、BSKT CAFE!

@クイーンズランド州政府観光局より

今やお洒落なカフェの密集地とまで言われているゴールドコーストのマーメイドビーチ地区、2013年に火付け役となったBSKT CAFE(ビスケット・カフェと読む)は現在ローカルやサーファーたちに愛される地元の顔に。それもそのはず、ノビービーチの浜辺から歩いてすぐのアルバトロスアベニューとラバラック通りが交差する角にあるBSKTの2階建ての白いビルには2階にYogaスタジオ、1階にカフェとテラスにキッズプレイエリアを有し、誰をも歓迎する優しいムードで溢れていて、定番のヴィーガンやスーパーフードメニューは大人も子供も安心して頂けるものばかり。フライド・クラブ・タコスやナバホ・ブレックファースト、それにBSKTが開発商品化したヴィーガンソフトクリーム「ココ・ホイップ」は絶対オススメしたい一品。

詳しくはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局)

ダーウィン:夕日を楽しむダーウィンエアボートツアー

@オーストラリア政府観光局

ナショナルジェオグラフィックのテレビ番組「アウトバック・ラングラー」が手がけたダーウィン・ボートツアーが新しく登場しました。アウトバック・ラングラーはノーザンテリトリーの大自然に暮らす野生動物やそこに暮らす人をフィーチャーした人気番組で、この新ツアーは注目を集めています。

このボートツアーは、ダーウィン市内から数分のエリアのストーク・ヒルズ・ワーフから発着し、エアボートで、野鳥、エビやカニなどの甲殻類、爬虫類が多く暮らす自然豊かなダーウィンの街の景色や、ドラマチックな夕日を鑑賞します。
一生に一度は、ダーウィンでボートツアーに出かけてみませんか?

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

メルボルン:南半球最高層の展望台「ユーレカ・スカイデッキ88」

@オーストラリア政府観光局

南半球で最も高い地上285m、88階にある展望デッキからはサッカーの本田圭佑選手が入団したメルボルンビクトリーの本拠地AAMI PARKスタジアムや全豪オープンテニス会場はもちろん、緑豊かな「ガーデンシティ」メルボルンの絶景を一望することができます。また、世界でここでしか体験できない遮光切り替えガラスのキューブが建物から滑り出す「ザ・エッジ」もスリル満点! 360度広がる空中散歩をお楽しみください。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局)

南オーストラリア:冬に出会える野生動物

@オーストラリア政府観光局

海であれ森林であれ、冬の時期に野生動物を堪能するなら南オーストラリアが最適です。
フルリオ半島にあるビクター湾沖の海岸線からはクジラを見ることが出来ます。この時期はまた、カンガルー島ではカンガルーやワラビーの子供の姿を見る事が出来ます。さらに、海中では年に一度の巨大イカの群れが回遊する時期でもあります。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

メルボルン:人気の移動型レストラン「コロニアル・トラムカーレストラン」

@オーストラリア政府観光局

実際に使われていたトラム(路面電車)をレストランに改造し、市内を走りながらコース料理とワインを楽しむユニークなレストラン。
19世紀の古き良き時代を彷彿させる渋いバーガンディー色の車体に内装はクラシック調のインテリアをあつらえたその雰囲気は、あたかもタイムスリップしてしまったかのよう。地元の人たちは記念日に利用することが多いので、スマートカジュアルな服装が最適。人気なので事前予約を忘れずに!

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

ポンツーンにフェリー、サンラバーのリーフ基地をとことん貸し切りに!正真正銘のグレートバリアリーフでのイベントがここに実現!

@クイーンズランド州政府観光局

ケアンズよりムーアリーフアーリントンリーフへの日帰りクルーズツアーで日本人観光客も多く参加するサンラバークルーズがグレートバリアリーフ上にケアンズ初の専用イベント&ファンクション会場をオープン。イベントベニューの貸し出しとイベント実施運営を含めた総合的なサービスを「Sunlover Funlover(サンラバー・ファンラバー)」と名付け商品展開していく。「Sunlover Funlover サンラバー・ファンラバー」は世界遺産に登録された大サンゴ礁に囲まれた最高のロケーションでマリンアクティビティとファンクションを組み合わせるなど、カスタムメイドの全く新しいスタイルの企業イベントやプライベートパーティーを行うことが出来、季節を問わず、年間を通して受注対応していく。手始めに7月28日にPADI Woman’s Dive Dayを祝してDIVING DIVASの募金活動イベントが開催され、注目を集めている。サンラバークルーズのサイトでは「Sunlover Funlover サンラバー・ファンラバー」のイメージサンプルビデオも見ることができる。イベントの特性によっても異なるが最大催行人数はで300名となっている。

ウェブサイトはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

ケアンズから魅惑のアウトバックへラグジュアリー・ロッジステイ

@クイーンズランド州政府観光局

ケアンズ市街に現在3つの新しい高級ホテルを建設中で話題のクリスタルブルック・コレクショングループが鍾乳洞で有名なアウトバックの地-チラゴーにもリゾートロッジを所有しているのをご存知だろうか?昨今日本人にも浸透してきた「グランピング」の根ざすところが「人里離れた大自然で不自由なく優雅に過ごす」であるならば、このクリスタルブルックの「The Lodge」はまさに理想的な場所。8万5千ヘクタールの広大な元キャトルファームの敷地に佇む「The Lodge」はマウンテンバイクで走り回ったり、バラマンディが泳ぐ小沼でフィッシングをしたり、低木のブッシュや丘をハイキングしたり、豊富なアクティビティは勿論のこと、食事や軽食、ドリンクまで全て宿泊費に含まれたオール・インクルーシヴ、僻地にありながら、一流のサービスを受けることが出来る。それもそのはず、この「The Lodge」はオーストラリア政府観光局が認定し現在19つしかない”ラグジュアリー・ロッジズ・オブ・オーストラリア”のひとつにも選ばれているのだ。部屋は5つあるキングヤード・スイートルームのみなので毎晩5組限定、Wi-FiやiPod用のソケットも完備されている。ワイルドなアウトバックの満点の星空を客室のテラスから!なんて贅沢体験もここでは決して夢じゃない。

ウェブサイトはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

ノビービーチで人気急上昇!「リック・リック・リック・ジェラート」

@クイーンズランド州政府観光局

昨今、食もカルチャーもセンスアップが止まないサザンゴールドコーストにまた新たなグルメスポットが誕生!ポップな店構えとは裏腹に元不動産業者と電気技術者という異色の経歴を持つオーナー2人がサンシャインコーストのチーズ&ジェラートメーカー「マレニー・コー」と組んでスタートさせたのがノビービーチのジェラテリア「リック・リック・リック・ジェラート」だ。常時42種がショーケースに並ぶここのアイスの特徴は、製法はジェラートなのに、アイスクリームのようなリッチさを併せ持つ事。その良さは特にフルーツ系のフレーバーで発揮され,コク深いクリーミーさと爽やかな甘酸っぱさが相性抜群とローカルを魅了!まずは大人気のフレーバー「クリーミーパイナップル」で体験してみよう!

ウェブサイトはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

ベトナムコーヒーで一息!ケアンズ「アニーズ・カフェ・スア・ダ」

@クイーンズランド州政府観光局

ラスティーズ・マーケットケアンズローカルにとって新しい味覚や旬な食材との出会いが詰まった巨大パントリー。そのラスティーズのエントランスのど真ん中にAのネオンサインが目を惹くカフェスタンドがひとつ。今地元メディアでも大きな話題を呼んでいて、美しいべトナミーズガールが特別な製法で煎れる次世代ベトナムコーヒーが「美味!」と噂の「アニーズ・カフェ・スア・ダ」がそれ。話題の理由のひとつはこのアニーズがオーストラリア全土で初めてオープンしたベトナムコーヒー専門店だから。トラディッショナルなベトナム式ドリップコーヒーをぜひ一度お試しあれ。ラスティーズに準じて営業は早朝から14時(金土日は15時)まで!

ウェブサイトはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)