ブリスベン新名所「ハワード・スミス・ワーブス」

ブリスベンリバーを跨ぐ街のアイコン「ストーリーブリッジ」の左岸側のたもとを中心にリバーフロントに500m以上に渡って建設中のライフスタイル&エンターテーメントコンプレックス「ハワード・スミス・ワーブス」が部分的にオープンを果たしました。エリア始動の第一ステージとして営業を開始したのはビール醸造所バー&レストラン「フェロンズ・ブリューイング・コー」、「フィッシュ&チッペリー」、カリスマ著名料理人ダミアン・スタイルズが指揮するダイニング&バー「ミスター・パーシヴァルズ」、他ブライダルやグループカンファレンスサービスの受注も行っています。2019年にはホテル施設、専用フェリー乗り場の完成が予定されており、随時ショップ&レストランのテナントも増やしていくとのことで、今後の展開が楽しみなエリアです。

詳細はこちら

スピリッツ・オブ・レッドサンドのショーはBBQディナーが美味!

ブリスベンゴールドコースト界隈で今一番熱いディナー&ライブショーといえば「スピリッツ・オブ・ザ・レッドサンド」19世紀を舞台にアボリジニの家族を巡って実際に起こった物語を基に作られた歴史群像劇は笑いあり、涙あり、歌あり、ダンスあり、学習要素ありの何拍子も揃ったナイトエンターテーメント。この2時間半のプログラムの評価を高くしているもうひとつの理由は実は絶品炭火焼きバーベキューディナーとデザートブッフェがセットになったお夕食。オーストラリア式アウトドアパン「ダンパー」から始まり、フィンガーライムやマカダミアナッツを使ったブッシュタッカー式デュッカディップやカンガルー、ワニ、イミュ―の炭火グリルは出来立てがサーブされるなど、いずれもオージーカルチャーを体感出来るメニューとなっていて嬉しい。ブリスベンからもゴールドコーストからも30分、国道一号線沿いの簡単アクセス、週7日毎日催行しているので、夜の食事と予定に迷ったら行ってみよう!

SPIRITS OF THE RED SAND
Beenleigh Historical Village at 205 Main Street
Beenleigh

アクティビティと一緒に本格派ネイティブ料理を!フレイム・ツリーバー&グリル

ケアンズ市内から車で北へ15分、地域で一番有名なアボリジニカルチャー体験施設のひとつ「ジャプカイ・アボリジナル・パーク」内にあるレストラン「フレイム・ツリー・バー&グリル」ではデイアクティビティやショーとセットになったバッフェランチやディナーの会場となっており、アボリジニの伝統料理を中心とした料理のラインアップはいつも好評。特に「バインガ」と呼ばれる祭事用の地中式オーブンを使って好みの食材を調理してくれるサービスは珍しく人気がある。園内のプログラムに参加しなくても、日中のカフェ営業時間に訪れて、本格的なブッシュタッカーメニューを味わう事が出来るのも嬉しい。ブッシュタッカー食材を一通り味わえるテイスティングメニューなどやカンガルーやイミュ―などのハンバーガープレートなどで気軽に先住民族の「食」に触れる事が出来る。

FLAME TREE BAR & GRILL by Tjapukai
4 Skyrail Drive, Smithfield

「オーカー」先住民料理研究の先駆者スクワイヤー氏によるザ・オーストラリアグルメ!

言わずと知れたケアンズでは老舗のオーストラリア料理の有名店「オーカー」は、先住民族アボリジニの伝統や食材に造詣が深いエグゼクティブシェフのクレイグ・スクワイヤー氏が取り仕切るレストラン。華々しい受賞歴が物語る通り「オーカー」での食事はオーストラリアらしいユニークな食材を試せることにとどまらず、訪れる客の味覚に文明開化をもたらす驚きのアレンジと味わいで料理を提供。例えば、ペッパリーフと塩で味付けしたワラビーの腰肉のローストやワニとイミュ―の合挽ワンタン添えは食感の面白さや味付けの妙で病みつきの美味しさと定評のあるメイン料理、それにさっぱりとしたカンドンの実のブリュレやワトルシードが入ったパヴァロバなど「ザ・オージー・デザート」とコラボすれば、きっと忘れられない食体験となること間違いなし。

OCHRE RESTAURANT
1 Marlin Parade, Cairns City

熱帯雨林と古城の妙、パロネラパーク、ツーリズムアワードで3冠受賞!

ケアンズ中心部から南へ約100km車で一時間半の瑞々しい緑に囲まれた遺跡のような古城「パロネラパーク」は入植したスペイン人の若者ホセが自らの手でひとつひとつ手作りした夢の城。現在は観光地としてのみならず、夢を持つ人にとっての祈願スポットとしても話題を集めている。そのパロネラパークが11月16日に行われた「2018年クイーンズランド観光賞」にて旅行者投票部門、 文化観光部門、「観光発展に貢献した人物」部門の3カテゴリーにおいて金賞を受賞、文化ツーリストアトラクション部門においても銅賞を受賞するなど、州内の観光業としては最大の栄誉に預かった。授賞式に参加したパロネラパークオーナーのマーク&ジュディ・エバンス夫妻は今後も沢山の来場者に「夢」や「情熱」を感じてもらえる場所としてパロネラの歴史を紡ぎ続けてゆきたいと語っている。

スカイレールに新「レインフォレスト・ディスカバリー・ゾーン」

1億3000万年の太古の熱帯雨林とその景色を満喫できるケアンズで人気のロープウェイ「スカイレール」。そのキュランダまでの途中駅のひとつレッドピーク駅に新しい学習エリア「レインフォレスト・ディスカバリー・ゾーン」が完成。電光掲示されたカラフルなパネルディスプレイが森の歴史や生息する動植物についてわかりやすく解説。訪れる人により深い理解を広めたいとして、スカイレールではこのパネルディスプレイに加え、観光アプリの配信を近日開始する予定。日本語、中国語ほか様々な言語で使える本アプリは、GPS付きのオーディオガイド機能や各スカイレールルート内のスポットの詳しい説明、ARで映し出される本物さながらの動植物図鑑を確認したりと、その場その場で湧き上がる興味、関心に応えてくれる仕組みになっている。スカイレールではさらに2019年初旬の完成を目指して名瀑バロン滝のパノラマ展望ブリッジ「エッジ」を建設中。
ウェブサイトへ

ケアンズに待望の豪州新規参入ホテル

プロパティごとに全く異なった個性を放つ洗練された新しいスタイルのラグジュアリー・ホテルグループ「クリスタルブルック コレクション」がグループとしてはオーストラリア初となる5つ星リゾートホテル「RILEY(ライリー)」をケアンズのエスプラネードにオープンしました。311の全客室にiPod(無料映画視聴サービス付き)、全館フリーWi-Fi完備、ケアンズで初の展望施で全面ガラス張りの「クリスタル・タワー」やケアンズ最大規模1000平米の人工ビーチとラグーンプールなど、全エリアを通じて最新テクノロジーとラグジュアリーな遊び心の詰まった造りとなっており、エキサイティングさと快適性を兼ね備えた空間に仕上がっています。

詳細はこちら

サーファーズの新しいアイコン、ルビー・コレクション第一棟が完成!

ゴールドコーストの中心部サーファーズパラダイスに建設されたルビー・コレクション・アパートメントの第一棟がオープン。ビーチへ徒歩3分、地上30階建ての全243部屋のこの4つ星半アパートメントは主に3つのルームタイプが設けられており、1ベッドルーム(最大2名・バスタブ無し)が88部屋、2ベッドルーム(最大4名・バスタブ有り)が118部屋、3ベッドルームは37部屋(最大7名・バスタブ有り)あり、そのうち22部屋がスイート、2部屋がペントハウス、13部屋が地上階メゾネットタイプとなっている。親会社である大手不動産グループ「ララン」の社長ウィリアム・オドゥワイヤー氏はこの一大事業に希望を持ってティーンエイジャーの末娘の名前「ルビー」をつけていると言うだけあり、家族想いなオーナーのこの巨大地所開発プロジェクトはサーファーズパラダイスエリアのファミリー需要拡大の未来を明るく照らしてしていきそうだ。

ウェブサイトはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

クオリア滞在の特権、優美な食卓、ぺブルビーチ・レストラン

@クイーンズランド州政府観光局

オーストラリアのトップリゾートのひとつ、ウィットサンデーハミルトン島のラグジュアリーリゾート「クオリア」は大人の楽園。文字通り16歳に達していないと滞在することが出来ず、シックで上品なリゾート内はどこを切り取っても「大人の寛ぎを齎すラウンジ」そのもの。さらにここに滞在する特権として挙げておきたいのが「ぺブルビーチ」レストランのシグニチャーコース「テイスティング・メニュー」を食すことができる点、クオリアに滞在する人(と招待を受けた人)のみが体験出来る厳選された地産食材をセンス抜群かつ繊細に調理された6皿のコースはリゾートの栄華をそのまま味覚に投影したかのような華やかさと艶やかさがある。メニューを考案したのはオーストラリアの食通の間で若手の実力派として太鼓判を押されているエグゼクティブ・シェフのダグ・イニスウィルで彼はその華麗な功績で2018年AGFGのシェフハットを獲得している。美食の島として評価の高いハミルトン島のさらなるグルメオプションを知りたければはリゾートサイトのブログもおすすめ。

ウェブサイトはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

ブリスベンのハンバーガー最前線レポ2018

@クイーンズランド州政府観光局

ここ数年でブリスベンのフードシーンに躍り出てローカルを魅了して止まないのが、世界で最も著名な食べ物のひとつ「ハンバーガー」。カロリー高め?体に良く無さそう?とかつてはネガティブなイメージもあったバーガーは今やオーストラリアでは「グルメバーガー」としてどこのレストランも独自の趣向を凝らしメニューに加えたがる押しも押されぬA級グルメに。今ブリスベンのバーガーはどう進化しているのか?色とりどりでユニークなブリスベンの最新バーガースポット9つを一挙お届け!

ブログページはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)