スウェル・スカルプチャー・フェスティバル2018開園!

@クイーンズランド州政府観光局

ゴールドコーストのカランビン・ビーチが今年も屋外美術館に大変身。今年で16周年目となる「スウェル・スカルプチャー・フェスティバル 」は55名以上のアーティストたちが手掛けたビーチやシーサイドボードウォーク上の大小さまざまな彫刻や立体像を鑑賞したり触れたりできるリラックスしたアート展。物語に迷い込み、仮想現実を旅しているような錯覚に陥る美しい砂の上のアートは 9月の14日から23日までの10日間展示され、毎年25万人以上の来場者がある。開催中に各所でワークショップやサブイベントが行われ「アートを通じて取り組む環境保護」を提唱するものとなっていて、こちらも毎年多くの参加者を魅了している。また一日の時間帯によってもどんどん表情を変えるアートを効果的に使ってユニークでSNS映えする一枚を撮影できるのも人気上昇の理由のひとつとあって、近年は記念の一枚を取ろうとする人々でカランビンビーチの賑わいはさらに増している。

イベント詳細はこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

家族で行く食事スポット!外れなしケアンズ近郊8選!

@クイーンズランド州政府観光局

子供を連れて旅行に出かけると家族全員が満足するお食事スポットを探すのってとっても大変!「折角の旅行だから失敗したくない」けれど、「初めての旅行先ではホームページやグルメサイトの情報ってどこまで信用できるのかわからないし..」そんなジレンマを感じたことがあるパパママは少なくないはず。今回はそんなお悩みを少しでも軽減すべく、人気デスティネーションであるケアンズとその近郊のファミリー向けカフェ&レストラン8スポットをご紹介します!

ブログ記事はこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

2019年いよいよ、ヘイマン島が新しくなって帰ってくる!

@クイーンズランド州政府観光局

サイクロンのダメージによって2017年より改修によるクローズを余儀なくされていた、ウィットサンデー諸島の中でもセレブリティの大本命アイランド・リゾートのヘイマン島が2019年3月ついにその沈黙を破って新しい姿で帰ってくる。改修してこれまで通り蘇った166室のホテルルームに加えて、シンガポールを拠点に活躍する建築デザイナー、ケリー・ヒルの空間デザインや世界を股にかけて大活躍中のオーストラリア人インテリアデザイナー、ブレイニー・ノースが監修した内装や調度品のアイデアが総導入された4ベッドルーム&4バスルーム、パントリー、プライベートプール付きのホリデー・ハウス21棟が建設工事中。新生ヘイマン・アイランドは「Hayman Island, by InterContinental|ヘイマン・アイランド・バイ・インターコンチネンタル」とリブランドされる。

ウェブサイトはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

ハートリーフとホワイトヘイブンビーチが一回で見れちゃう!!遊覧飛行とスノーケリング!贅沢な「フライ&ラフトツアー」開始!

@クイーンズランド州政府観光局

ハネムーナーやカップルに人気のグレートバリアリーフ中央部ウィットサンデーにてエアリービーチを基点に様々なリーフツアーやマリンアクティビティを21年間提供しているオペレーター「オーシャンラフティング・ウィットサンデー社」から新たな充実のパッケージツアー「フライ&ラフトツアー」が登場。小型飛行機に乗り込んで行く豪華60分の遊覧飛行では、ウィットサンデーへ行ったら外せない名所「ハートリーフ」、「ホワイトヘイブンビーチ」を上空から見下ろし、その海の蒼さと大自然が創り出した奇跡の造形美を堪能する。これだけでもメインディッシュのような内容だが、「フライ&ラフト」ではまだまだ先がある。飛行機を降りた後はエキサイティングなジェットボートでホワイトヘイブンビーチの名所「ヒルインレット」へ移動、国立公園に指定されているウィットサンデー島でガイドウォークをしたら、今度はスノーケリングがメインの「ノーザンエクスポージャー」コースもしくはビーチで過ごす時間が長い「サザンライツ」コースのいずれかを選んで、残りの時間は直にグレートバリアリーフの海を心ゆくまで堪能することが出来る。(選ぶコースによって遊覧飛行の出発時間が異なる。)平均所要時間は8時間の終日ツアーで希望者は遊覧飛行のみの参加も可能。

ツアー詳細

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

航空券当たる!Compathy Magazine|「#旅女王」フォトコンテスト開始!

@クイーンズランド州政府観光局

旅行情報総合サイト&トラベルマガジン「Compathy Magazine(コンパシーマガジン)」の特集サイトにて「クイーンズランドへの航空券が当たる!Instagram「#旅女王」フォトコンテストキャンペーン」を開始しました。特集サイトでは州内各地のおすすめスポットをご紹介するとともに、Instagramにおいてクイーンズランド州の「クイーン」にちなみ「旅女王」を決めるインスタグラム・フォトコンテストを実施します。クイーンズランド州へ訪れた事がある人もない人も、男性、女性問わず、誰でも応募ができるオープンキャンペーンです。

キャンペーン記事サイトはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

10月開催のB2GC2018にお笑い芸人、小島よしおさんの参加が決定!

@クイーンズランド州政府観光局

10月14日(日)にクイーンズランド自転車協会(Bicycle Queensland)が主催するクイーンズランド州内最大のチャリティ自転車イベントB2GC|ブリスベン to ゴールドコースト・サイクルチャレンジはただ今絶賛エントリー受付中です。今年はなんとオッパッピーのギャグでお馴染みの小島よしおさんの参加も決定致しました。ますます盛り上がりそうな2018年大会にレッツ注目です!

大会サイトへ

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

エコバッグ必須!州内のスーパーや小売店にてレジ袋が全面廃止に。

@クイーンズランド州政府観光局

もう既にオーストラリア国内各所や一部大手スーパーチェーンなどでは開始しているところもありますが、クイーンズランド州でも2018年7月1日よりスーパーや小売店にて使い捨てのレジ袋(Single use plastic bags )の配付が州全土で取りやめになります。現地へお出かけのお客様への伝達事項として、食料品を買いに出かける際には、特にリユース可能なショッピングバッグ(エコバッグ)を持参することを強く念押し頂ければと思います。(尚、包装されていない野菜や肉などの生鮮食料品用の包装や、ゴミ袋、デパートの厚手の袋などは対象外となります。)世界自然遺産が5つあり、保護すべき野生動物も多く生息するクイーンズランド州ならではの環境に配慮した取り組みとなっておりますので、旅行者の皆様へもご理解とご協力を頂きますようお願いいたします。

詳細サイト(英語)

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

スリーinワンでお得!ポートダグラス発リバークルーズと蒸気機関車ツアー

@クイーンズランド州政府観光局

ポートダグラスのクリスタルブルック・スーパーヨット・マリーナから出発し、マングローブ生い茂るデインツリー国立公園内の森を抜けるディクソン・インレットを下る「チューチューエクスプローラー」乗船クルーズとセイント・クリスピン駅クリスタルブルック・マリーナ駅まで25分の鉄道旅を楽しめる「バリー・ホリー蒸気機関車」、そしてチューチューカフェ@セイント・クリスピンでの絶品ランチがついた3点セットのパッケージツアーが開始。乗り物好きや子供連れファミリーにはたまらないランドアクティビテイとなっている。

ツアーサイトへ

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

モートン湾に「シーベル・ブリスベン・マルゲートビーチ」が完成!

@クイーンズランド州政府観光局

ブリスベン空港から20分、ブリスベン中心部からは40分、南太平洋の潮風が気持ちいいモートン湾のビーチエリアにクイーンズランド州で9番目となるシーベルブランド「シーベル・ブリスベン・マルゲートビーチ」がグランドオープン。総工費1500万ドルをかけ完成した全58部屋あるシーサイドのブティックホテルの客室の内装は、窓辺から遠くにモートン島を望む美しいパノラマオーシャンビューを際立たせるシックな色合いでまとめられ、まさに洗練されたミニマルスタイルそのもの。近隣に海水浴やピクニックを楽しめる大きな海浜公園「サットンズ・ビーチ・パーク」があり、ファミリーレジャーの拠点として立地が良い。またホテル内にもプールやコンファレンスルームもあり、チームビルディングや中規模のグループインセンティブにも最適。

リゾートサイトへ

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

SB&Gに買収されたウォーターマークホテルがオーストラリアで最初のIHG系列「Voco」ブランドホテルに!

@クイーンズランド州政府観光局

高級ホテルブランド事業の強化を図る英インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)が6月12日に発表したばかりの新高級ホテルブランド「VOCO」。この新ブランドの世界で開業する第一号ホテルとして、今年3月にSB&Gに買収されたゴールドコースト中心部に建つウォーターマークホテル&スパゴールドコーストが来る10月に生まれ変わってオープンする。VOCOとはラテン語で ‘招待する’または ‘一緒に来る’という意味。まずはゴールドコーストのVOCOをとっかかりに10年間でIHGのために200以上のホテルを追加する予定。

リゾートサイトへ

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)