グレートバリアリーフの新たなアイコンが誕生!

@クイーンズランド州政府観光局

グレートバリアリーフの活力と美しさを伝えるパブリックアート作品が、8月31日、ケアンズのエスプラネードにて公開されました。このアートワークは、グレートバリアリーフの重要性を世界に知らせるために発足された市民団体「Citizens of the Great Barrier Reef」による活動のひとつです。同団体の発起人であるアンディ・リドリー氏は、世界中の人々が同時刻に電気を消すなどの行動を通じて、地球温暖化を食い止めたい!という思いを示す「アース・アワー」を手掛けた立役者。この市民活動を通じて、未来のグレートバリアリーフ、地球を守るためのグローバル・コミュニティを目指しています。CitizensGBR.orgで、積極的に行動出来る市民になりましょう。

 

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

ケアンズ発、新グレートバリアリーフツアー!


@オーストラリア政府観光局
ケアンズのクルーズツアー会社パッション・オブ・パラダイスのグレートバリアリーフツアーが新しくなりました。新ツアーでは業務用カタマラン最速ヨット「パッションズⅢ号」に乗り込み、南方のフリン、ミルン、ムーアリーフ群、北方にあるノーマン、ヘイスティングリーフ群などバラエティ豊かなシュノーケル&ダイブサイト24か所のうち、各日一番コンディションの良い所を選んで前半と後半に分けて日帰りとしてはとても珍しい複数のリーフ巡りをします。ツアー料金には、シュノーケルギアのレンタル、午前&午後のお茶&おやつ、船上トロピカルランチブッフェが含まれ、リーフ・ターミナルより毎朝8時に出発します。

(引用:オーストラリア政府観光局より)