シドニー:ウエスト・サイド物語をシドニー湾で!

@オーストラリア政府観光局

シドニー湾に突き出た特設会場で行われる野外オペラ、ハンダ・オペラ・オン・シドニーハーバーの2019年の演目が決定しました。レナード・バーンスタイン作曲、ミュージカルの傑作「ウエスト・サイド物語」です。映画化もされ世界中で何度も再演された、この作品が、シドニーの夜景とシドニー湾を背景に上演されます。開催期間は、2019年3月22日~4月21日。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

ニューサウスウエールズ州:バイロン・ベイのe-bookが完成

@オーストラリア政府観光局

NSW州北部にあるバイロン・ベイは、サーフィンで有名なばかりでなく、その美しく自然溢れる環境とスローライフに魅せられて世界中から旅行者が集まる場所です。ゴージャスなリゾート、美しいビーチ、オーガニック食材をつかったおしゃれなカフェなど魅力がたくさんです。そんなバイロン・ベイの様子や、バイロン・ベイを訪れる9つの理由、お勧め日程が書かれた e-bookが出来ました。英語になりますが、バイロン・ベイの美しさをご覧ください。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

シドニー ニューサウスウェールズ州:電車でハンターバレーへ

@オーストラリア政府観光局

ハンターバレーは、オーストラリア最古のワインの産地として知られ、特に白ワインのセミヨンは高く評価されています。じっくりハンタバレーを楽しみたい方にはハンターバレー・リゾートの2泊3日の電車パッケージがお勧め。パッケージには、電車の往復チケット、駅までの送迎、宿泊代、朝食、ブドウ畑見学等が含まれます。ブドウ畑に囲まれたハンターバレーリゾートでは、セグウェイや乗馬も楽しめます。朝早く散歩に出かければ、野性のカンガルーに出会うことも。
のんびりとハンターバレーの他のワイナリーを巡るのもお勧め。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

シドニー:タロンガ動物園でグランピング

動物園で、グランピングしませんか?Roar and Snore (うなり声といびき)という面白い名前のタロンガ動物園での宿泊プログラム。常設のテントに泊まれば、本当に動物達のうなり声やいびきが聞こえてきます。夜になると対岸にあるシドニーの美しい夜景も楽しめる最高の場所にタロンガ動物園はあります。ビュッフェの夕食と朝食付き。普通は見る事が出来ない夜の動物達が観察できるナイトサファリも楽しめます。ちょっと変わった所に泊まりたい方にはお勧めの場所です。
Image © Taronga Zoo

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

ポートスティーブンス:オークベール・ワイルドライフ・パーク

@オーストラリア政府観光局

オークベール・ワイルドライフ・パークは、シドニーから北に車で約2時間半のポート・スティーブンスにあります。25エイカーの広大なブッシュランドの中にあり、パーク内にはコアラ、カンガルー、タスマニアン・デビル、羊、ワニ、ワオキツネザルなど、オーストラリア固有の動物や家畜、エキゾチックな動物など、多くの動物達が放し飼いで飼育されています。ウォーター・アクティビティーが楽しめるスプラッシュ・ベイも仲間入りし、一日中楽しめるアトラクションとなっています。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

ニューサウスウエールズ州:ジャービス・ベイで自然を満喫

@オーストラリア政府観光局

ジャービス・ベイはシドニーから南へ車で2時間半。海洋公園として登録され、100頭ものイルカが生息しています。世界で一番白い砂浜としてギネスに登録されたこともあるハイアムス・ビーチ。クジラ、ドルフィンウォッチングクルーズ、動物園、ファーム体験が出来るモウブレイ・パーク、カヤックやワイナリーなど、この地域だけで様々な体験が出来ます。また、シドニーからジャービス・ベイにドライブする道も海岸線が美しく息を呑むような美しい景色が広がっています。内陸にちょっと入ると美しい丘陵地帯も広がっています。一度訪れて欲しいお勧めの地域です。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

ニューサウスウエールズ州:ロードハウ島

@オーストラリア政府観光局

サンゴ礁に囲まれ、太古の自然が残るロードハウ島(Lord Howe Island)は世界遺産に認定されていて、絶滅危惧種に指定されているロードハウ・クイナをはじめ、この島固有種の数多くの動植物が生息しています。南太平洋にひっそりと浮かぶ絶海の孤島、ロードハウ島は神秘の島と呼ばれています。シドニーから飛行機でわずか2時間、ロードハウ島はまさに別世界です。一日の観光客数を限定し、島全体で環境保護に取り組んでいるので、ここを訪れた人達はゆったりと時間を過ごすことができます。高級リゾートホテルもあり、静かで極上の休日が過ごせるとリピーターが多いことでも知られています。
イメージ©Grahame McConnell; Destination NSW

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

シドニーマラソン2018

@オーストラリア政府観光局

今年もシドニーマラソンがやってきます。2001年に始まったシドニーマラソンは、毎年9月第3日曜日に開催し、今年は9月16日に開催されます。
フルマラソン、ハーフマラソン、10Km (ブリッジ・ラン)、ファミリーや初心者用の3.5Km (ファミリー・ファン・ラン)があります。
コースは、全種目シドニー・ハーバー・ブリッジを渡り、フィニッシュは世界文化遺産であるシドニー・オペラ・ハウス。(ファミリー・ファン・ランのみ別)
シドニーの景色を楽しみながら、さわやかな早春のシドニーの街を走りませんか?
イメージ©Destination NSW

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

シドニー・オペラハウスでオペラ鑑賞をしませんか?

@オーストラリア政府観光局

せっかくシドニーを訪れたのなら、シドニー・オペラハウスでオペラを鑑賞してみましょう。日本でもおなじみの演目ならトライしやすいですよね。7月18日~8月31日は「アイーダ」。ヴェルディによるグランドオペラの大作で不滅の愛の物語。9月13日~11月2日は「エビータ」。映画化もされたアルゼンチン大統領の妻の人生の物語。ドレスコードは特に無いですが、ちょっとおしゃれをしてシドニーで特別な時を過ごすには最適です。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

バイロンベイ:ブルースの祭典「ブルースフェスト」

Festival crowd enjoying burgers at Grill’d Burger Park, Bluesfest 2014, Byron Bay.
DNSW USAGE ONLY.

@オーストラリア政府観光局

オーストラリア最大のブルースとルーツ・ミュージックの祭典、ブルースフェスト(Bluesfest)は毎年ニュー・サウス・ウェールズ北部の街、バイロン・ベイ(Byron Bay)で開催されます。2018年は3月29日~4月2日に開催され、ライオネル・リッチー、ロバート・プラント、ジャクソン・ブラウン、シール(Seal)、タッシュ・スルタナ(Tash Sultana)などが出演を予定しています。大物アーティストや話題のアーティストのステージをお楽しみいただけます。会場はバイロン・ベイの11キロ北に位置するタイアグラ・ティー・ツリー・ファーム(Tyagara Tea Tree Farm)。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)