APT9:トリエンナーレでブリスベンの街が芸術色に!

@クイーンズランド州政府観光局

アジア・オセアニアの美術を紹介するコンテンポラリーアートの博覧会「APT9|アジア・パシフィック・トリエンナーレ」が11月24日(土)より2019年4月28日(日)までの約5か月間ブリスベンのGoMAと州立美術館にて開催。1993年のブリスベンでの発足から今回で9回目を迎え、前2015年度は総来場者数が60万人を超えるなど国際的な人気のアートエキスポとして着々と成長を遂げている。本APTでは30か国から80名のアーティストが参加、日本からは40年以上沖縄で生きる人々を撮り続け、病身の今も尚活動を続ける写真家の石川真生(いしかわまお)さんや色彩豊かなコラージュキャンバス画や音楽パフォーマンスで知られる近代美術家大竹伸朗(おおたけしんろう)さんらの作品が出展される。

イベント詳細

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

サイクリスト達の甘い憩いの場、サウスバンクの「マイ・スイートピア」

@クイーンズランド州政府観光局

ブリスベン川の左岸サウスバンク・パークランズエリアのカフェ&レストラン通りグレイ・ストリート沿いのケーキ&カップケーキ専門店「マイ・スイートピア」のカフェは毎朝早くからライカスーツを身にまとった多くのサイクリストで賑わっている。ブリスベン川や市街地の公園周りにいくつも張り巡らされたサイクリング&歩行ロードは早起きのブリスベンっ子が体を動かず恰好のワークアウトコースとなっていて、目的地をサウスバンクのこのカフェに設定している人も多いとか。人気の理由は勿論ラテアートが美しいコーヒーと絶品ケーキ!そしてさりげなく設置された駐輪ラックや自転車修理用のギアの常備など、サイクリストへの気遣いが溢れたフレンドリーさ。思わずクスっと笑ってしまう、ポップな絵柄と面白い格言付きのテーブルも見逃せません。

詳しくはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

10月開催のB2GC2018にお笑い芸人、小島よしおさんの参加が決定!

@クイーンズランド州政府観光局

10月14日(日)にクイーンズランド自転車協会(Bicycle Queensland)が主催するクイーンズランド州内最大のチャリティ自転車イベントB2GC|ブリスベン to ゴールドコースト・サイクルチャレンジはただ今絶賛エントリー受付中です。今年はなんとオッパッピーのギャグでお馴染みの小島よしおさんの参加も決定致しました。ますます盛り上がりそうな2018年大会にレッツ注目です!

大会サイトへ

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

モートン湾に「シーベル・ブリスベン・マルゲートビーチ」が完成!

@クイーンズランド州政府観光局

ブリスベン空港から20分、ブリスベン中心部からは40分、南太平洋の潮風が気持ちいいモートン湾のビーチエリアにクイーンズランド州で9番目となるシーベルブランド「シーベル・ブリスベン・マルゲートビーチ」がグランドオープン。総工費1500万ドルをかけ完成した全58部屋あるシーサイドのブティックホテルの客室の内装は、窓辺から遠くにモートン島を望む美しいパノラマオーシャンビューを際立たせるシックな色合いでまとめられ、まさに洗練されたミニマルスタイルそのもの。近隣に海水浴やピクニックを楽しめる大きな海浜公園「サットンズ・ビーチ・パーク」があり、ファミリーレジャーの拠点として立地が良い。またホテル内にもプールやコンファレンスルームもあり、チームビルディングや中規模のグループインセンティブにも最適。

リゾートサイトへ

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

ローンパイン・コアラ・サンクチュアリー、ブリスベン市の協力でコアラ・リサーチ・センターを6月末にオープン!

@クイーンズランド州政府観光局

コアラの保有頭数がオーストラリアでナンバー1のブリスベンの動物園、ローンパイン・コアラ・サンクチュアリー。その敷地内にコアラ専門の最先端の研究設備を施した観光研究所「コアラ・リサーチ・センター」が6月下旬を目途に完成しつつある。本研究所は「オーストラリアの固有種であり、その生態はまだまだミステリアスな側面を沢山持つ、コアラについて理解を深めることでもっとこの愛くるしい動物を身近に感じてほしい」という願いのもと、ブリスベン市とローンパイン・コアラ・サンクチュアリーの共同出資で建設運営されていく。「コアラ・リサーチ・センター」では現在進行中の研究や情報展示資料の見学をする”ラーニング”とコアラを間近に見たり触れたりする”エンクロージャー”の大きく分けて2つの体験を主軸に一般公開をしていく予定だ。

ウェブサイトはこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

ブリスベン| ホテル ”W BRISBANE” オープン予定 6月

@クイーンズランド州政府観光局

ブリスベン中心部でおよそ20年ぶりとなる5つ星のモダン・ラグジュアリーなホテルW Brisbane(ダブリュー・ブリスベン)が6月1日にオープンします。スターウッド・ホテル系列のブティックホテルとして知られるWホテルが手掛ける客室数312室の同ホテルには、特注インテリアを備えた豪華な客室のほか、ブリスベンリバーを一望するレストランで新鮮な食材を使用したローカル料理を楽しむことができます。さらに、屋外温水プールで特製カクテルを片手にリラックスし、豪華なスパや最先端の24時間ジムでリフレッシュもできます。公共交通機関は徒歩圏内、ブリスベン空港へも16キロと便利なアクセス。ブリスベンの街歩きにもおすすめのエリアです。 *写真はイメージです。

ホテルサイトへ

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

地元ライターがお届けするとっておき情報 ~ブリスベンショッピング~

@クイーンズランド州政府観光局

クイーンズランドのライターがお勧めするとっておき情報第3弾は、「ブリスベンショッピング」です。今ホットなショッピングスポットを6つご紹介します。ファッショニスタをも納得させるほどのお洒落なレストランに、カフェやライフスタイル・ショップなどの注目スポットが増えているブリスベンとその周辺エリア。気になるショッピングスポットは見つかりましたか?

詳細はこちら

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

ブリスベンのおしゃれなエリアにアパートメント オープン

@クイーンズランド州政府観光局

ブリスベンの中でもおしゃれなエリアとして知られるフォーティテュード・バレーに新たなアパートメントタイプのホテル「FVバイ・ペッパーズ」が誕生しました。ニューヨークを思わせる高層ビルには970室のほか、24時間フロントサービス、U字のスカイライン・プール、プライベート・スパ・ラウンジ、野外にあるムーライト・シネマ、ジム&ヨガスタジオなどのサービス、施設が充実しています。客室は1ベッドルーム、2ベッドルームのタイプがあり、室内にはシンプルながらも高級感のある備品、調度品が使用されるなど、ハイセンスな客層向けとなっています。

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

先住民アボリジニの家族の実話から歴史を紐解くライブショーの開幕

@クイーンズランド州政府観光局

1800年代のイギリス人の入植により、先住民アボリジニの人々との間に衝突が生まれ、平穏だった彼らの生活は一遍しました。アボリジニの3人兄弟の末っ子Jarrahとその家族の実話を基にした劇『Spirts of the Red Sand Experience』が12月1日よりBeenleighで開幕します。120人の観客が入場可能な会場は19世紀のオーストラリアの村を忠実に再現されており、土着文化を体感できます。臨場感のあるライブショーで、アボリジニの子孫である18人の強力なキャストが熱演します。ディナーとゴールドコースト/ブリスベンの送迎が含まれているチケットもあります。只今事前予約を受付中!

(引用:クイーンズランド州政府観光局より)

ロマンチックな観覧車の中でブリスベンの夜景と食事を堪能しよう!

Brisbane

@クイーンズランド州政府観光局

ブリスベン・サウスバンクの60メートル上空に壮観な新しいダイニングスペースが登場しました。なんと『ホイール・オブ・ブリスベン(the Wheel of Brisbane)』のゴンドラの中のプライベート空間で軽食が楽しめます。ブリスベンの街を見下ろしながら、異空間の中での食事を楽しんでみてはいかがでしょうか?チーズプレートかシャルキュトリーからお選び頂けます。もしロマンチックな気分を味わいたいなら、VIPゴンドラにアップグレードして下さい。レザーシートと色の付いた窓、あなたのお好みの音楽と共にシロメワインも頂けます。
(引用:クイーンズランド州政府観光局より)