メルボルンカップ・カーニバル (2018年11月3~10日開催)

@オーストラリア政府観光局

1861年にスタート、毎年全国民が手を止めて見入るため「国をも止めるレース」として知られる「メルボルンカップ」を中心に、多くの競馬レースが開催されるメルボルンカップ・カーニバル。競馬でありながら、社交イベントとして毎年多くの人がお洒落をしてこのイベントを観に来ます。レースの模様は世界120ヶ国、約7億人にもテレビ放映。 この日のために用意したドレスや帽子で着飾ったセレブたちも集い、華やかな雰囲気に包まれます。近年では多くの日本馬もレースに出場し、日本人ファンも急増。このイベントを楽しむための日本語HPも完成しましたので、ぜひご覧ください。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

メルボルン:ビクトリア州立図書館

@オーストラリア政府観光局

オーストラリア文化の発信地メルボルンには、世界有数の建物が多い。市内中心部、スワンストン通りに位置する「ビクトリア州立図書館」は1856年に完成したオーストラリアで最古の図書館。特に中央ドームにある八角形のラトローブ閲覧室は、放射線状に伸びた机と吹き抜けが有名。館内には書物以外に絵画をはじめ、多くの美術品も展示されている。メルボルンの市内観光の際には、是非立ち寄っていただきたい場所です。(入場無料)。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

7月のクリスマス

@オーストラリア政府観光局

日本とは季節が逆のオーストラリア。広大なオーストラリア大陸は地域によって気候もさまざま。この時期、冬の気候を楽しめる地域ではクリスマスの雰囲気を演出しているところがあります。例えば、メルボルンから車で約1.5時間のところにある、ゴールドラッシュで沸いた町を再現したテーマパークSovereign Hill(ソブリンヒル)の「Chrismas in July Winter Wonderlights(クリスマス イン ジュライ ウィンター ワンダーライト 」や、シドニーから車で約1.5時間のところにある世界遺産グルーマウンテンズ国立公園での「Yulefest(ユールフェスト)」 など。南半球ならではのクリスマスです。

(引用:オーストラリア政府観光局より)

メルボルン:シャトーイヤリングでセレブ気分に

@オーストラリア政府観光局

メルボルンから車で約1時間、オーストラリアを代表するワインカウントリー「ヤラバレー」にあるシャトーイヤリングは1854年に建てられたビクトリアンスタイル調のラグジュアリー・ホテル。250エーカーの広大な敷地に、内装が異なるスイートが全32室という贅沢さ。最高級の料理を提供するレストラン「エレノアズ」もあり、グルメも大満足のホテル。ホテル近辺にはたくさんのワイナリーが点在し、限られた時間でたくさんのワイナリー巡りをしたい方にとって絶好のホテルです。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

メルボルンスター・オブザベーション・ウィール(観覧車)から絶景を楽しむ

@オーストラリア政府観光局

「メルボルンスター・オブザベーション・ウィール」は、メルボルンの開発地区、ドックランドにある大型観覧車。最高地点の地上120メートルから眺める360℃のパノラマは大変印象的。ドックランドのヨットハーバーやメルボルンの街並みはもちろん、頂上付近からは遠くの山並みも一望できる。子供から大人まで楽しめる観覧車で、メルボルンの美しい夜景を眺めるのも、旅の素敵な思い出になるはずです。また、メルボルン・スターのある場所は、アウトレット・ショッピングとグルメが楽しめるショッピング街になっているので、早めに行って、買いものやレストランで食事をしてから、観覧車というコースも楽しめます。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

ビクトリア州:メルボルン・マラソン

@オーストラリア政府観光局

オーストラリア3大マラソンの一つです。ビクトリア王朝風の建築物と現代建築が調和した街並みが美しいビクトリア州の州都メルボルンを拠点に行われる大会です。南半球に位置するメルボルンはこの頃、新緑の時期にあたるので比較的走りやすくなっています。テニスの全豪オープン会場前の通りをスタートし、F1コースのアルバートパーク周辺や海岸線を走りぬけ、ゴールは10万人収容のメルボルン・クリケット・グランドという、メルボルンの観光名所を網羅したコースです。日本からお申込みのランナーには、メルボルンマラソン日本事務局による様々なサポートもあります。
イメージ©IMG Events

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

ビクトリア州:クラウンホテル・メルボルン

@オーストラリア政府観光局

クラウンホテルズは、クラウンタワーズ、クラウンプロムナード、クラウンメトロポールの3棟のホテルとカジノやレストラン、ブランドショップなどが一堂に集まる大人のための総合エンターテイメント施設。なかでも「クラウンタワーズ」は、メルボルンの中心的な存在ともいえ、世界一流クラス5つ星ホテルとしても有名です。全482室の客室は、エレガントでラグジュアリーな雰囲気を醸し出し、申し分のない顧客サービスとおもてなしでお客様をお迎えします。「クラウンプロムナード」は、リラックスかつモダンなスタイルを兼ね備えたホテルになり、クラウンカジノやブランドショップの入ったコンプレックスと通路で繋がっており、ビジネスやレジャーにとても便利なロケーションです。全465室の客室は、ナチュラルカラーとモダンなインテリアでまとめられ、明るく広々とした間取りが人気。床面から天井までがガラス張りになった客室からはメルボルンの街やポートフィリップ湾が望めます。
クラウン系3番目のホテル「クラウンメトロポール」は、洗練されたデザインの658室の一般客室と34室のスタジオスタイルの客室、12室の広々としたレジデンシャル・スパルーム、そして、32室のロフトタイプのスイートから構成されています。館内には、マッサージやトリートメントの施術が受けられるデイスパ「ISIKA」があり、洗練された寛ぎの空間となり、日頃の疲れを癒すのに最適です。トリートメントルームは全10部屋、ヘアサロンとネイルバーも併設されています。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

メルボルン:ペニンシュラ・ホットスプリングス

@オーストラリア政府観光局

モーニントン半島の丘陵地帯にあるペニンシュラ・ホットスプリングスは、日本の温泉の寛ぎ効果に着目したオーナーが世界30か国以上のスパを研究したのち、2005年6月にオープンした国内最大級の100%ミネラルの天然温泉施設です。モーニントン半島の地下637メートルに眠る温泉源を発見し、採掘によって湧出した天然温泉は、約50℃。世界各地の温泉文化に引けをとらない本格的な施設になります。20種類以上のお風呂がある「バスハウス」や16歳以上限定のトリートメントやマッサージが受けられるスパ施設「スパドリーミングセンター」は完全にプライベートな空間。カフェスペースやピクニックエリア、そしてゴルフコースなども併設されていて、新しいタイプのスパとして注目されています。「湯船に浸かり、寛ぐ」。リラクゼーション(寛ぎ)とレクリエーション(娯楽)を併せ持つ空間で友達同士や家族とともに究極のリラクゼーションをご体験ください。
2018年には、ホテルやウエルネスセンターも建設予定となります。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

メルボルン:2018 F1 オーストラリア・グランプリ(3月22~25日)

during the 2016 ROLEX Australian Formula One Grand Prix at Albert Park on March 20, 2016 in Melbourne, Australia.

@オーストラリア政府観光局

F1の開幕戦となるオーストラリア・グランプリは、毎年3月にメルボルンのアルバートパークを舞台に、世界最速の車とレーサーたちが競い合う世界の注目のレースです。
市内中心部からサーキット会場までアクセスしやすいのも魅力の一つ。 無料トラムを利用し簡単にアクセスでき、 ご自身の都合に合わせ観戦と観光が楽しめます。
この時期に合わせ、世界中の有名セレブたちもメルボルンに滞在し、最新のテクノロジーと相まって、息をのむような4日間となります。会場への入場には、企業向けチケットから一般チケットまで、様々なオプションをご用意。世界一流のドライバーの走りを目の前で見るチャンスをお見逃しなく!

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)

メルボルン:スカイバス(空港バス)

@オーストラリア政府観光局

メルボルン空港と市内中心部の間は、「スカイバス(Skybus)」と呼ばれる空港シャトルバスが結んでいて、飛行機の発着時間に合わせ、毎日24 時間、約10分毎に運行されています。交通状況にもよりますが、空港から市内中心部のサザンクロス駅まで約30分程度。少人数なら、最も安く便利に移動できる交通手段です。通常、市内中心部西端のサザンクロス駅が終点となりますが、中心部のホテルに宿泊する場合は、主要なホテルへの無料送迎サービスを利用することができます。サザンクロス駅に到着したら、一旦下車し、小型バスに乗り換えるので、駅のスカイバス専用ブースでホテル名を告げ、どのバスに乗車すればいいか確認してください。また、往復利用の場合は、同様に迎えにきてくれますので、到着時に予約するか、ホテルでスカイバス送迎の予約を依頼してください。

詳細はこちら

(引用:オーストラリア政府観光局より)